2012年7月25日水曜日

半年前、中編



Lucia 「あれは多分、もう半年前になるのかも知れん・・・・・。」



――――――――――――――――――――





あの頃、アタイは愛用のバイクで夜道をよく走っていた。









女1 「ったく、ルチアの奴、おせぇな。」

女2 「いつもの事だろ?w」







Lucia 「悪ィ、悪ィw」







Lucia 「さっきケンカ売られて遅くなっちまったわw」

男 「またかよw」

女2 「お前って良く絡まれるよなw」

Lucia 「まあなw」







Lucia 「ん?お前か?例の新入りってのは。」







Athushi 「アツシだ。宜しく。」

これが例の男・・・・アツシとの出会いだ。







そしてアタイとアツシは付き合う事になった。

付き合って一ヶ月のある日の事・・・。







Lucia 「何処に行く気なんだよ。」

Athushi 「いいから付いて来なって。」







Lucia 「・・・・?うん・・・・。」







連れて来られたのはあるマンションの一室。

Athushi 「気に入ってくれた?」

Lucia 「はあ?気に入ってくれたってどういう意味?」

Athushi 「・・・・・・・・・。」







Athushi 「俺達、一緒に住もう。」

Lucia 「えっ。」







Lucia 「・・・・・・・・・アツシ。」

あの時は素直に嬉しかった。












そしてアタイは妊娠した。



確かに付き合って一ヶ月で妊娠は早いと思うだろう。

でもあの時は既に処女ではなかったし、どうでもよかった。

それにアツシの事、本気で好きだった。


まさかアツシがアタイを裏切るとは知らずに・・・。